TOP » 香取の葬儀で知っておきたい基礎知識

香取の葬儀で知っておきたい基礎知識

葬儀を行う上で無知のままではいけません。葬儀自体に知っておかなければいけない基礎知識はあります。さらに、香取など地域によってはその土地ならではの慣習もあるため、知っておくべき事はたくさんあります。今回は香取の葬儀で知っておきたい基礎知識について説明していきます。

香取の葬儀で知っておきたい基礎知識

まずは葬儀に関する基礎知識を知っておかなければなりません。

葬儀の基礎知識

葬儀費用 葬儀費用の一式の費用:1,222,000円
飲食接待費用:339,000円
寺院費用:446,000円
葬儀全体の費用:1,889,000円
葬儀を行う場所 葬祭会館・斎場、宗教施設、自宅、自治体などの施設、ホテルで基本的に行われます。
斎場 斎場を所有している葬儀社の場合、自社斎場が利用できます。斎場を所有していない場合、公営斎場を利用するのが一般的です。
事前相談 葬儀は思いがけなく起こるため、予感がある場合は事前相談を行いましょう。複数見積るのがポイントです。
葬儀の種類
  • 葬儀式や告別式は一般葬と言われ、遺族や友人などを招くことができます。
  • 家族葬や密葬は故人とじっくりお別れをするため、家族や親しい友人のみで行うお葬式のことです。
  • 一日葬は葬儀・告別式を1日で行う式のことです。
  • 火葬式は葬儀をせず火葬だけを行うことを指します。
  • 基本的にはこれら4種類が、一般的な葬儀となっています。

以上のことをまずは葬儀の基礎知識として覚えておきましょう。そして千葉ならではの慣習は、以下の通りです。

千葉ならではの慣習

夜伽

夜伽(よとぎ)とは葬儀の前に亡くなった人のそばで親しい人が夜通し過ごすことです。近しい親族だけが選考やろうそくの火を絶やさないようにしながら一晩過ごすため、斎場には宿泊施設がある場所が最適です。香取市には清潔な宿泊施設が備わっている自社斎場が多くありよく使われています。

「前火葬」と「後火葬」が混在

千葉では告別式の前に火葬する前火葬と後に火葬する後火葬が混在しています。なので、基礎的なことを学んでもあれと思うことがありますが千葉の慣習だと対応しましょう。

長寿の祝い銭を配る

千葉では長寿で亡くなられた場合、参列者に対して長寿の祝い銭を配る慣習があります。祝賀というわけではないのですが長生きしたことを素直に喜ぶのと、長寿にあやかるという意味で配ることが多いそうです。

納骨は葬儀終了後すぐにお寺

納骨するのは通常、四十九日が終わってから行います。それまでは実家にお骨は置いておきます。しかし香取市では、葬儀が終わった後にすぐお寺に納骨します。

まとめ

このように地域によって夜伽などの文化があるため、葬儀の基礎的な知識に加えて、千葉特有の慣習も熟知しておく必要があります。お葬式の際は、今回紹介した香取での葬儀の基礎知識を思い出して、葬儀を執り行い、スムーズに故人をお見送りしましょう。

香取市のおすすめ葬儀社

詳細はこちら
香取市でおすすめの葬儀社

詳細はこちら