TOP » 香取の葬儀をホールで選ぶ » 民営斎場の利点と欠点

民営斎場の利点と欠点

斉場は大きく分けて「民営斉場」と「公営斉場」の2種類に分かれています。香取市を代表する民営斎場は以下の通りです。

香取市を代表する民営斎場として、以下の斎場が挙げられます。

もし香取市で民営斎場を利用するのなら、上記の場所を利用するのがおすすめ。ただ、初めて葬儀を迎える場合、民営斎場にはどういった特徴があるのか、公営斉場と何が違うのかなど、わからない点が多いですよね。

民営斎場を利用する際に考えたいメリットとデメリットをあげ、公営斎場と比べたときにどのような違いがあるのかを明確にしていきます。

民営斎場のメリット

民営斎場はどの葬儀社も設備が整っており、宿泊施設を完備しているところが多くあります。公営斉場だと古い建物が多く、設備もあまり整っていないこともあるので、民営斎場の方が使いやすい傾向。

さらに葬儀社から直接スケジュールを調整することができるので、予約が取りやすい点も魅力。場所は葬儀社の近くなので、アクセスが良好なところも参列者やご遺族のことを考えると移動時間が少なく済むのは民営斎場ならではといえます。

民営斎場のデメリット

民営斎場なので、使用する場合は葬儀社を使わなければいけません。葬儀は○○葬儀社を使って、斎場は別の葬儀社の斎場を使う、ということはできません。民営斎場を持つ葬儀社を使う場合は、斎場の質にも注目して選びましょう。

場所の融通が利かないデメリットはありますが、使い勝手を考えると民営斎場に軍配があがります。通夜・告別式と宿泊が必要となった場合、設備が整っているかは重要。遠方からやってきたご遺族をおもてなしできるような民営斎場を持った葬儀社を選ぶのも、葬儀社選びの1つのポイントです。

香取市のおすすめ葬儀社

詳細はこちら
香取市でおすすめの葬儀社

詳細はこちら