TOP » プランと葬儀社の選び方【香取エリア】

プランと葬儀社の選び方【香取エリア】

葬儀で重要なのは、どういった内容の葬儀を行うか、ということです。希望通りの内容の葬儀を行えるかは、「プラン選び」と「葬儀社選び」にかかっています。このページでは、プラン選びと葬儀社の選び方について説明していきます。

香取市で葬儀社を選ぶときのポイント

葬儀社を選ぶときのポイントを、3つ紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

葬祭ディレクターの有無

葬儀の常識や作法というのは、なかなか触れる機会がないと思います。プランの選び方や当日の流れ、必要なものや予算など、葬儀ではわからないことが多いのではないでしょうか。そんな方が相談するとよいのが、葬祭ディレクターです。

葬祭ディレクターは、葬儀のプロです。葬儀の準備、葬儀のスムーズな進行、葬儀でのマナー、プランの内容を熟知しています。慣れない葬儀で戸惑っている喪主をサポートしてくれるので、葬祭ディレクターがいる葬儀社がおすすめです。

自社斎場の有無

自社斎場を持っている葬儀社は、移動が少ない上に、会場費を安く抑えられます。宿泊施設が整っている斎場も多いので、故人との最後の夜を穏やかに過ごせるのも魅力です。

プランの豊富さ

葬儀社の用意しているプランは多ければ多いほどいいです。プランが多いと、故人やご家族の希望に沿った葬儀を行うことができるからです。

故人や親族の想いを表現したいと、葬儀の内容はそれぞれ異なります。そんなときに、葬儀社が対応していないと、希望の内容を行えないことがあります。

プランが豊富なら、希望の内容に対応してもらえる可能性が高まります。

料金体系でも、あらゆる価格帯が準備されることになるので、希望に沿ったものを選びやすいです。葬儀社を選ぶのなら、プランの豊富さにも注目して選んでみましょう。

葬祭ディレクターと終活カウンセラーの必要性

葬祭ディレクターとは?

葬祭ディレクターとは、葬祭の受注から会場設営、式典の運営などを行える「葬式のプロ」です。

葬祭ディレクター技能審査に合格した方が、晴れて葬祭ディレクターになれます。特に、難易度が1番高い1級葬祭ディレクターは、合格率50%と狭き門。審査には実務経験も含まれており、2級だと実務2年以上、1級だと実務5年以上が必要です。厳粛な場を取り仕切るからこそ、マナーや心配りや知識など求められるものも多く、葬祭ディレクターは、経験豊富な方のみに許された職業なのです。

お葬式に葬祭ディレクターがいなければ、葬式の設営などをご家族で行わなければいけなくなります。葬祭ディレクターは、葬式には必須といえる存在なのです。

終活カウンセラーとは?

終活カウンセラーとは言葉の通り、終活に関して生前の故人に話す職業です。幅広い知識を持っており、故人がどのような悩みがあるのか聞き出し的確に答えてくれます。相続の準備なども相談に乗ってくれます。

就活カウンセラーがいることで、葬儀に対して故人がどのような希望があるのか、相続はどうするのかなどの悩みを、スムーズに解決することができます。

まとめ

プランと葬儀社の選び方を説明してきました。ここまでの説明を踏まえて葬儀社を選んでいけば、きっと気持ちよく故人をお見送りできると思います。ぜひ参考にしてみてください。

香取市のおすすめ葬儀社

詳細はこちら
香取市でおすすめの葬儀社

詳細はこちら